不動産売却するときの注意点③

query_builder 2022/01/11
ブログ

売り出し価格の設定


不動産の売り出し価格の設定は販売において、大切なポイントです。

まず、不動産の売り出し価格を決める権限は売主にあります。しかし、価格設定を間違うと売却が大きく遅れたり、相場より値下げした価格で販売することになったりする可能性があります。多くの方が高く売りたいと考えると思います。しかし、相場価格と大きく離れていると多くのケースで買い手がつかないということが起こります。以下の可能性を踏まえて注意深く行いましょう。


・買主から値下げ交渉される可能性がある

・相場より高すぎる価格を設定すると売れ残り、買い手がつきづらくなる → 相場より価格を下げる結果となる可能性がある

・最初から売り急いで価格を下げると損をする


まずどれくらいの期限で成約させたいか考える必要があります。今すぐに売れなくてもいいのでしたら相場価格より少し高い設定金額で売り出すこともよいと思います。その中で、担当の仲介会社と相談しながら反響によって設定金額を変えていくと良いと思います。

しかし、売却に期限がある場合は、急ぐ気持ちもあるかもしれません。その場合でもまずは仲介会社に相談して売却価格を決めたほうが良いと思います。一般のお客様への仲介の他に不動産会社は買取もやっているところもあります。相場よりは少し安くなってしまいますが、すぐに現金が欲しい方には買取という方法もあるのです。


ニーズと相場をしっかりと理解して売却価格を設定することが大切です。


本日は以上となります。皆様も売却時にはご注意しましょう!

記事検索

NEW

  • 不動産売却時の注意点⑦

    query_builder 2022/01/25
  • 不動産売却時の注意点⑥

    query_builder 2022/01/23
  • 不動産売却時の注意点⑤

    query_builder 2022/01/18
  • 不動産売却時の注意点④

    query_builder 2022/01/15
  • 不動産売却するときの注意点③

    query_builder 2022/01/11

CATEGORY

ARCHIVE